ほくろの除去をするのに、まず気になるのはどんな方法があるのか、

値段やダウンタイムはどのくらいなのか。

すぐに施術ができるのだろうか、クリニックはどう選べばいいのかなど。

 

由佳子
こんにちは❗️

都内のクリニックで3回ほど、ほくろ除去の施術をした経験のある由佳子です。

昔からほくろが多い体質で、気になっていたのでレーザー治療を何回かして除去しました。

ほくろを取るだけで外見も大きく変わりました。

なんでもっと早く取らなかったんだろと後悔するぐらいです。

 

 

私はほくろについての情報も施術の内容も最初は詳しく分からなかったのでほくろがいったいどうして出来るのか、消す方法で一番やりやすい方法は何かを検索して調べました。

私の調べた情報、実際に施術した体験談をまとめています。

ほくろ除去ってどうなの?」と迷っている方の参考になれば幸いです。

 

由佳子

ほくろで悩むぐらいならサクッと取っちゃうべきですね!

私がほくろを除去してもらったおすすめ皮膚科を今すぐ知りたい方は、下のボタンから該当箇所にジャンプできます。

おすすめの皮膚科を見る

 

 

ほくろができる仕組み

そもそも、ほくろってなぜできるかご存知ですか?

ほくろ(黒子、黶、英語:mole)は、メラニン色素を含む細胞、即ちメラノサイトが、皮膚の一部に周囲より高い密度で集まってできた母斑の一種。

出典:ほくろ - Wikipedia

体の上でのほくろの位置が年月とともにゆっくり移動することがあり、複数のほくろの位置関係が変化することもあります。

もし成人の手の平、指、足底、足指、目のあたり、鼻、上唇周辺などの“ほくろ”が急に大きく(長径6mm以上に)なったり、その境界がぼやけていたりいびつな形だったり、出血、膿、あるいは崩れがあるなら、いじらずにすぐ皮膚科や形成外科に行って、良性かどうか診てもらうのが良い。

数年で盛り上がった“ほくろ”でも、真珠状の光沢や青黒さがあったり、斑(まだら)状のもの、あるいは中央部が潰瘍で落ち込み周囲が黒く盛り上がっている場合も同様である、とのことです。

 

東京でほくろ除去をする皮膚科を選ぶポイント

都内ですと無数のクリニックがございますので、まずは、自分が除去したいと思っているほくろがいくつあって、そのほくろはどのくらいの大きさや状態を把握しておくとクリニックや施術を選ぶ際に目安になります。

  1. 医師
  2. クリニック内の雰囲気
  3. 料金

上記3点を踏まえてクリニックを選びましょう。

 

まずはカウンセリングを受けること

顔のどの位置に除去したいほくろがあるかや、ほくろの色の濃さなども自分で確認しておくと実際にクリニックに行った際に、医師の話を聞く上でも相談がしやすいのではないかと。

そして、どのクリニックを選ぶかは情報収集をした上で、必ず自分でそのクリニックに実際に行って、担当医師の話やクリニック内の雰囲気や態度などを総合して選ぶといいです。

予約をして、クリニックに行った際に、クリニック内や従業員に清潔感があるか、対応が丁寧かどうかや担当医と話した際に必要な情報をしっかり伝えてくれているかどうかなどは最低限ですが自分との相性もありますし、やはり気になるクリニックがあれば早々にカウンセリングに行ってみることが一番の近道です。

アフターケアについて

アフターケアについては、ほくろのレーザー治療の場合でしたら、薬や包帯などはありませんし術後の通院も必要ありませんので、特に心配はないかと思います。

実際に施術をするとなると前後のスケジュールなどの兼ね合いもあるので、
当日の流れや費用や時間なども、カウンセリングの時にお話をしてくれます。

ざっくりと私が実際にほくろの除去をした時の流れを説明しますと最初に口コミや気になっていたクリニックのサイトで施術方法や費用などを比較した上でクリニックにカウンセリングの予約をしました。

カウンセリングをした日に施術をそのまま受けることも可能でしたが、まずはお話を伺いたかったので、その日はカウンセリングのみで終わりました。

その際に、当日の流れと費用や気になっていたことをいくつか質問して実際に施術する日を予約して帰りました。

 

 

ほくろ除去の料金はどのくらい

料金は除去したいほくろの大きさによって料金は異なってきます。

下記はほくろの大きさに対しての平均金額です。目安にして下さい。

3mm以下 5,000円
3.1mm以上 8,000円
7mm以下 15,000円

クリニックによって、導入されている機械や施術方法も変わってくるため、値段も違いがあるようです。とはいえ、どんな機械を使っていてどのくらい
効果が違うかなどは専門家でも医師でもないのでわかりません。

小さいほくろが多くて気になっている方は、おそらく3mmの値段と個数で計算すれば目安がわかりますし大き目の目立つほくろをひとつ除去したいということなら3.1mm以上、もしくは7mm以下のお値段になるでしょう。

 

3mmほどなら目安として3,000円〜5,000円ほどのクリニックが多いです。

 

レーザーなのか切開やその他の治療なのかでも変わってきますので、お近くのクリニック、または気になったクリニックなどで比較してみるといいと思います。

それから、保険適用か否かについて。私が行った時は保険は適応されませんでした。

理由が美容目的であったためです。

健康や生活に支障があるでもなく審美的な目的でのほくろの除去には保険は適用されず、自己負担となります。

中には、大きめの突起したほくろで切開が必要であったり、またそのほくろが悪性腫瘍などであった場合は保険が適用されるケースもあるようです。

術後に貼るテープも、病院が用意してくれるところもありますがその際、テープ代が有料か無料かもクリニックによって違いがあるようです。

テープは自己負担の場合が多いですが、お近くの薬局などで売っているキズパワーパッドなどでも代用できるので、家に代用できるものがある場合は不要かもしれません。

皮膚ガンや悪性腫瘍の可能性がある場合のほくろは保険も適用されます

いずれにせよ、お金を払い、時間を割いて辛いダウンタイムを迎えるのは自分自身です。
ご自身で判断し決めることが何よりも最優先です。

そして、ほくろに関しては美容目的ならばまだしも、皮膚ガンや悪性腫瘍の可能性があるようなほくろでしたら保険も適用されますし、治療すべき問題かと思います。

 

ほくろ除去は電気メス・レーザー・切開の3種類!一番おすすめなのは?

レーザー 切開縫合 電気メス クリーム(セルフ)
仕上がりの綺麗さ ×
料金 ×
手軽さ
安全性 ×

ほくろの除去し関して、おそらく一番スタンダードな方法はレーザー治療です。

電気メスや切開は、肌への負担も大きくなりますし、不安も大きいかと思います。

レーザー治療は負担も軽く、安全性も高いため肌をなるべく傷つけずに施術してもらえるので多くの方にオススメしたい方法です。

ただ、ここでもやはり除去したいほくろの大きさによってはレーザーだと対処できない可能性があるため、そうなると切開などを医師からおすすめされる可能性が高いです。

3mmほどのほくろであればおそらくレーザーで十分です。

大きめで、少し出っ張っているようなほくろの場合は、切開などの治療になるかと思います。

ほくろの状態に合わせて医師にも相談して決めてください。

 

 

東京でおすすめのほくろ除去クリニック・皮膚科

私が実際にほくろ除去を行ったのは、

ほくろ除去をする前にインターネットやSNSでかなり時間をかけて調べ、値段が安くて評判が良いおすすめの皮膚科・クリニックです。心の底からおすすめできます。

ほくろ除去で失敗したくない人に心の底からおすすめします。

自分が除去したいほくろの大きさや形、位置によっておすすめのクリニックは変わります

 

 

【東京美容外科】ほくろ除去の仕上がりの綺麗さ&安さで選ぶならここ

>> 東京美容外科公式サイト

施述術名 料金
電気メス 直径1mmごと5,000円+税/1回
切開 直径1mmごと8,000円+税/1回

全国クリニック一覧

【東京】銀座・新宿【青森】青森【秋田】秋田【大阪】梅田【広島】福山【山口】下関【佐賀】佐賀【長崎】諫早【沖縄】那覇

仕上がりの綺麗さと安さで選ぶなら、『東京美容外科』一択です。

東京都内でほくろ除去をするなら、東京美容外科を選べば間違いないというほど、ほくろ除去の評判が良い皮膚科クリニックです。

>> 東京美容外科の公式サイトはこちら

こんな方におすすめ

  • 低価格でありながら高い技術
  • テレビでもよく見る人気クリニック
  • 3,000円〜5,000円と安い金額でほくろ除去できる
  • ほくろが大きい or 立体形の人向け

>> 東京美容外科でほくろ除去をする

※ メールで簡単に予約できるのでオススメです😍

 

【池袋サンシャイン美容外科】保険適応で受けられる、安さ優先するならここ

>> 池袋サンシャイン美容外科

施述術名 料金
切開 直径1cmまで10,000円〜/1回
レーザー 直径1mmごと5,000円/1回

全国クリニック一覧

【東京】池袋院【福岡】福岡院【栃木】栃木院

安さで選ぶのであれば、『池袋サンシャイン美容外科』がおすすめ

こんな方におすすめ

  • 保険適応で受けることができる
  • レーザーでほくろ除去が受けられる
  • カウンセリングは無料
  • 取ったほくろの病理検査をしてもらえる

>> 池袋サンシャイン美容外科でほくろ除去をする

 

 

痛くない?ほくろ除去を受けた感想・体験談

私はもう3回ほどクリニックでほくろの除去をしていますので、緊張などはなく、気持ちもリラックスしたままで出来ました。

このほくろからやっていきますよ、と担当医から声を掛けられ、レーザーで焼いていきます。

最初のうちは一度当てた時に、このくらいの痛みだけど大丈夫?と声がけがあります。
そうして少しづつジリジリと焼いていくと、ひとつ目が終わり、鏡を手渡されて自分でも確認します。

そして次はこのほくろでいいですねと、また同じように確認してレーザーで焼いていきます。
終わった後は、鏡で自分でも確認して、とこのようなサイクルで5つほど繰り返しました。

5つ全てレーザー治療が終えると、助手の方が除去した場所に小さく切った
テープを貼ってくれます。後は支払いをして、今後のことや注意事項を説明されて終了といった感じでした。

思ったよりも、とんとんと事が運んでいったのであっという間な気がしました。

 

ほくろ除去の痛みはどれくらい?

私はレーザー治療をしてもらいましたが、1回目は最初に麻酔をしてもらってからレーザーで焼くというものでした。

2回目は麻酔なしでそのまま治療してもらいました。個人的な感想を申しますと、麻酔はなくて大丈夫でした。

というのもレーザーでの治療は痛みはほとんどないからです。痛みというのは人によって耐えられる痛さが違うので、難しいですが輪ゴムでぱちっと叩かれるくらいの痛みです。

多少ピリっとした感じはありますが、顔を歪ませるほどの痛みではありませんし、麻酔をすると注射を打つので、そちらの方が痛い気がしました。

ですので、個人差はあれど麻酔はなくても平気かと思います。

ただ、大きめのほくろの場合は、医師から麻酔を使用するか否かを聞かれることもあるようです。

私がやったレーザー治療の場合は、まず肌の細胞をレーザーによって焼くので、少し焦げたような匂いが鼻をつきます。

注射をするときのように、ほくろの上を消毒液が染み込んだコットンなどで軽く拭き、その後レーザーを当てていきます。

ほくろの濃さ、大きさによってレーザーを当てている時間も変わってきます。

何度か当てていき、それを除去したいほくろの回数分やっていきます。

私は一度に5つのほくろを、どれも3mm以下ほどで施術時間は30分もかかっていないくらいです。

レーザーを当てられるだけですので、施術はほくろの個数が少なければ少ないほど早めに終了します。最初はピリッとした痛みにびっくりするかもしれませんが何度か当てていくうちに慣れていくでしょう。

ダウンタイムは?赤みは?メイクで隠せる?

ほくろを除去した後は、上からテープを貼り2週間ほどはつけておくように言われます。
その間、紫外線などは極力浴びないこと。除去したところは赤くなったほくろがあるかのように
見えます。その上からテープを貼ってもらえます。

そして、そのままの状態で過ごしていくうちに徐々に赤味は消えていきます。

最初のうちはテープを貼っていなければならないので、その間はその部分をメイクすることはできません。

2週間ほどして、テープが取れた際に、赤味や色素沈着があるようでしたらファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。

周りから何か言われる?

顔にテープを貼っている間は私は極力外出を控えていましたし、外出するときはマスクをしていましたので特に周りの人に気づかれるということはありませんでした。

テープが取れてからは、メイクで隠せるほどになっていたので大丈夫でした。

ここでも大きさと個数によって個人差が出てくるとは思いますが、顔の目立たない部分で一箇所だけ、ならばマスクなしでも気づかれないかもしれません。

肌色のテープを貼っていても案外目立つものですので、個人的には気になってしょうがないのでマスクは必須かな、という感じでした。

ほくろ除去の施術はすっぴんだが、眉毛やアイメイクは大丈夫

施術当日、すっぴんのままマスクをしてクリニックに向かいました。
(眉毛やアイメイクなどはしていて大丈夫です。)

個室に入ると担当医の方と助手の方がいます。

靴を脱ぎ施術台に上ると消毒されたコットンでほくろをする箇所を拭き取ってもらいます。

カウンセリングの際に、どのほくろを除去したいのかはあらかじめ伝えてありますが、もう一度どのほくろを除去するのか確認します。

 

ほくろ除去のメリット・デメリットは?

メリット

メリットとしては、何よりも自分が気になっていたほくろから解放されたことです。

人に話したときに、気にならないよと言われたこともありましたが、やはりそれでも自分自身では気になっていたことでした。

結局、自分自身の身体と一生付き合っていくのは自分自身なので、人に意見を聞くことで解消されるわけではありません。

レーザーなどの施術は、当日行ってそんなに時間がかかる訳でもなく終わるので、やってよかったと思っています。

そして、私の場合は、完全に見た目を気にしての施術でしたので、術後はメイクをするのも前よりも一層楽しくなりました。

ほくろひとつでも顔の雰囲気や印象に関わると思うので切開となると身体の負担もあり、ダウンタイムのことを考えると踏み出しずらいかもしれませんが、もし悩んでいるのであれば治療してみることをおすすめしたいです。

そして、審美的な目的ではなく、大きめのほくろでからかわれて嫌な思いをしたり、洗顔がしずらかったりなどの生活面での不便がある、もしくは悪性腫瘍だった場合を考えると皮膚ガンのリスクもあるのでやはり一度クリニックに行くことをお勧めします。

カウンセリングは無料のクリニックがほとんどですし、直接医師にもてもらって診断する方が安心できます。

デメリット

デメリットは、やはり2週間のテープを貼らなければいけない期間です。

この間は洗顔をするときに洗いずらかったりと、何かと不便です。

外出の際は、冬ならばマスクをつけている方も多いのでわりとごまかせますが夏などはどうしても蒸れますし、大変かと思います。

その他には、紫外線により注意を払うようになりました。

ほくろは再発の可能性が高く、せっかく除去したのにも関わらずまた出来ることがあります。紫外線によってメラニンが育成され、再びほくろが出来てしまうのです。

体質などもあるので、そればかりが原因ではありませんが、施術が済んだ今もなるべく紫外線には当たらないように気を配っています。紫外線は今までは主に日焼けを気にしていましたがほくろや皮膚ガンの誘発、老化にもつながるのでしっかりと対策しておくことが重要です。

日焼け止めは一年中使うことや、日傘を差す、室内にいたとしても紫外線は入ってきてしまうので家のカーテンは紫外線カットのモノを使用することなど。

最近では、飲む日焼け止めも販売されています。実際に美容皮膚科やクリニックに行くと
飲む用の日焼け止めが購入可能です。通販などで買うことももちろんできますが、送料や手数料のことを考えるとクリニックに行った際についでに買ってしまうことが多いです。

そして、一回の施術では完全にほくろが消えるかというと微妙なラインです。私の場合は、ほくろが完全になくなったというよりかは以前より薄くなってあまり目立たなくなった、という程度でした。

複数回レーザーを当てていくことで、綺麗になるとのことですが肌への負担とレーザー治療による傷跡を残さないためには、回数を分けるしかないようです。

その度に、費用がかかり、また2週間ほどテープを貼った生活をするというのはやはりデメリットです。

個人的な見解ですが、日本のクリニックは控えめに施術する医師が多いように思います。

傷跡が残ってしまうことへの配慮があるのは患者として安心できる部分ではありますが、せっかくレーザー治療したのに、「若干薄くなっただけ」では流石にやりがいがありません。

薄くなってしまえば、ファンデーションなどでカバーできるので、以前よりはましですが、私としてはもっとがっつり焼いて欲しかったと思うところがあります。

 

ほくろ除去は整形に入るかどうか

ほくろの除去は整形には入らないと思います。整形は、造形を変えたときに使う表現な気がします。

鼻を高くしたり、目を一重から二重にしたり、骨を削って輪郭を整えたりなんかは顔の造形が変化するので整形と言っていいでしょう。

ほくろに関しては、お化粧の方が近いように思います。アイシャドウを塗ったりチークを塗ったりして色を足したり引いたりなんかと似ています。

涙ボクロなんかは、アイライナーでわざと書く人もいるように、点をつけるか消すかの差なので整形というよりかは、お化粧の方が個人的に表現としてしっくりくるのですが、皆さんはどうお考えでしょうか。

ただその理屈でいくと歯科矯正なども整形になるのか、という疑問があります。

口元が引っ込みますし輪郭も変わるという点では、造形が変わるので整形なのかもしれません。

アイプチなんかも、一重から二重に変わりますし整形に入るのでしょうか。

それとも、落とせば戻るのでお化粧の一環でしょうか。

どちらにせよ整形を始め、お化粧やダイエットなんかは自分の抱えている悩みをスッキリさせる為の手段であり方法です。

 

韓国では日本よりも整形はカジュアル

整形大国と言われる韓国では、日本よりも整形に対する見方がカジュアルです。

日本でも近年ではさほど珍しくもないですが、韓国のモデルやアイドル、インスタなどのSNSで有名な人はけっこういじってる人も多くいますよね。

 

唇の口角をクッとあげたりするスマイルリップなんか一時期とても流行っていました。

ただ整形の中には、骨を切ったり身体にメスを入れることからかなりのリスクが生じる大きなものもありますし、ボトックス注射のように手軽でダウンタイムが短いものまで幅広くあります。

人中というと、わかる人はわかると思いますが、鼻と口の間が短いとより造形が綺麗に見えて美しいとされていて、人中短縮という手術もアジア人にはかなり人気です。

美の基準というのは不思議なもので、国によってかなり差がありますが、日本や韓国は感性が似ているのか、色白・スレンダー・小顔など、注目される部分にも共通点が多いです。

国としても近いので交流がありますし、骨格や体型なども似ているからかもしれません。

国によっては、ふくよかで、個性的だったりエキゾチックな感じが人気の国もあります。

日本では、目を大きくしたい、顔を小さくしたいなど、大体の方が思いえがくものに被りがあります。

国民性が出ているなと感じます。

どんな手段であれ、美しくなる為の努力であり、それによって悩みが解決し、以前よりも楽しく暮らせるのあれば、その人にとって素晴らしいことではないでしょうか。

ただ、どんな施術をするかによっては大きなリスクも負担も費用や時間もかかります。

 

初めてほくろ除去するは「東京美容外科」がおすすめ

東京でオススメなのは東京美容外科。

低価格でなく親切丁寧で初心者の方でも安心して診療する事ができます。

安いだけでなく満足いく結果と成果を出してくれるので様々な人から支持されています。ほくろ除去の皮膚科に迷った方はぜひ東京美容外科に行ってみてはどうでしょうか。

由佳子

ほくろで悩むぐらいならサクッと取っちゃういましょ!

 

>> 東京美容外科でほくろ除去をする

※ メールで簡単に予約できるのでオススメです😍

 

マル秘情報

クレジット等が使えず現金しか用意できない方は女性専用のキャッシングサービス「マイレディス」がオススメ♪

即日融資してくれるので今すぐ現金が必要だって方は利用してみてください。

(電話・インターネットどちらでもOK。全て女性スタッフが対応してくれます。)

>> マイレディスで相談してみる

 

Copyright© 【痛い?痛くない?】東京都内で顔のほくろ除去できる皮膚科・値段をご紹介【体験談もあり】 , 2019 All Rights Reserved.